読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不確かさの回廊

主にプロ野球に関して思ったことを適当に書いていくつもりな阪神ファンです

4/14 vs カープ 4回戦 @甲子園 感想

ここ数日、良い勝ち方が続いてますね。

どうもこんにちは、ロキです。

 

前日と同じような投打が噛み合ったナイスゲームでしたね。

昨年、一方的にやられた相手だということもありますが、純粋に順位が上の相手に勝てた時は嬉しさも一入(ひとしお、って漢字あったんですね、初めて知りました)ですね。

 

先発のメッセンジャーが前日の藤浪に続いて素晴らしいピッチングをしてくれました。細かい制球はあまりできていませんでしたし、スプリットも制御できていませんでしたから、全体の調子は可もなく不可もなく程度だったかと思いますが、ストレートの球威がありましたね。広島打線を7回1失点に封じてくれました。さすがエースといったところでしょうか。

投球のみならず、守備では好フィールディングで併殺をとりましたし(1塁は微妙なタイミングに見えましたが・・・)、攻撃では犠打をきっちり決めるなど、あらゆる面で大活躍でした。

 

リリーフ陣も、直接マテオ、ドリスの勝ち継投につなぐことができたので、大きな負担なく逃げ切ることができました。マテオは1失点してしまいましたし、ドリスも危なかったですけどね。そこは広島打線が相手ですから大目に見て良いと思います。最終的に勝てればそれで十分ですよ。

ここのところ連勝していることもあって、ドリスは3連投、そして4試合連続登板となっていますね。怪我明けの身ですから、できれば十分な休みを入れながら使ってあげて欲しいところですけどね。クローザーとして良い仕事を続けていますから、勝っている時は使いたくなってしまいますよね。かといって負けるのは嫌ですから、たまには大勝する試合が欲しい、というのは贅沢ですかね・・・?

 

打線の方もしっかり得点を奪うことができましたね。相手の加藤は良くも悪くも評判通りでした。ストレートの質とフォークのキレが素晴らしい投手ですね。そして、制球の悪さも噂に聞いていた通りでした。

この試合では、加藤の制球の悪さをついてうまく点を奪うことができましたね。3回に四球と安打(福留さんの内野安打はラッキーでした)を絡めながらチャンスを作り、原口の押し出し四球と鳥谷の2点タイムリーツーベースで3点を先制しました。

その他の回でもチャンスは何度も作れていましたから、そこでいくつか点を奪うことができればもう少し楽な展開にできたのでしょうけれどね。ゾーンにきた時の加藤の球は威力十分でなかなか打つのに苦労したこともあって、あと1本を出すことができませんでした。その分、投手陣が少ない失点で抑えてくれましたから、良しとしましょう。

8回には、マテオが失点してしまった直後に、相手のエラーにつけこんでチャンスを作り、高山のタイムリーで貴重なダメ押し点を奪いました。高山は直前の守りでも(珍しく?)好守でピンチを断ち切るプレーをみせてくれました。解説の佐野 慈紀さんもおっしゃっていましたが、この試合のヒーローでもおかしくない活躍でしたね(実際のヒーローはメッセンジャーと鳥谷でした)。

高山は開幕から今ひとつ調子が上がっていませんでしたが、そろそろ良くなってきそうな気配がしますよね。糸井や鳥谷、上本らの調子が落ちついてくるのも時間の問題でしょうから、交代で高山が調子を上げていって欲しいですね(あとは北條も、なんですけどね)

 

この試合では、ルーキーの糸原がプロ初のスタメン出場を果たしました。安打こそ出ませんでしたが、四球を1つ選びましたし、まずまず落ち着いたプレーはできていたと思います。難しい打球が飛んでこなかっただけとも言えますが、ショートの守備も無難にこなしました。

調子が上がらない北條への叱咤激励の意味合いが強いスタメン起用ではありましたが、初のフル出場をすることもできましたし、糸原にとっても意味のある1試合になったでしょう。

 

次回の先発は青柳と岡田ですね。青柳は初登板が雨でノーゲームとなってしまいましたから、ここから自身の開幕をやり直しですね。広島とは初対戦になるようです。強力な打線に臆することなく、ゾーンで勝負する投球を見せて欲しいですね。

相手の岡田とは今年すでに1度対戦しましたね、例のあの試合ですか・・・

好投手ですのでなかなか点は奪えないかもしれませんが、なんとかうまく攻略して欲しいですね。勝つためには、今回の試合のように投打に噛み合った試合をする必要がありそうです。

 

 

最後まで読んでくださった方ありがとうございます。

興味がありましたら、他の記事にも目を通していただけると嬉しいです。

それでは今回はこれにて失礼いたします。

follow us in feedly