読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不確かさの回廊

主にプロ野球に関して思ったことを適当に書いていくつもりな阪神ファンです

4/18 vs ドラゴンズ 1回戦 @ナゴヤドーム 感想

中谷がスタメン起用に応えましたね。

どうもこんにちは、ロキです。

 

今日もまたしっかりと接戦をモノにしました。うまく行きすぎて逆に怖いくらいです。

高山とマテオが誕生日だったようですね。2人とも良いところをみせてくれましたし、良い誕生日になったのではないかと思います。

 

先発の岩貞が良かったですね。7.2回を投げて1失点としっかり試合を作ってくれました。

調子自体はまずまずといった感じだったでしょうか。ストレートでしっかり相手を押し込めていましたし、チェンジアップの抜けも良かったです。スライダーとカットボールがいまひとつだったかなとは思いますが、十分な出来だったと思いますね。全体的に甘い球も多く、中日打線の不調さに助けられた部分もありますが、もともと制球が良い投手ではないですから、調子が普通の時はこんなものだと思います。安打はそこそこ許しながらも、粘りの投球ができていました。

開幕してからというもの2度の登板で結果が出ていなかっただけに、今回で色々吹っ切ることができそうです。これからどんどん状態を上げていって欲しいですね。

 

リリーフ陣は、今回もマテオとドリスの2人がしっかりと抑えてくれました。

ここのところ、チームの調子が良く勝ちゲームが多いこともあって、彼らの登板が増えてしまっていますね。さすがにずっとこの調子は続かないでしょうから、勝てている間は頑張ってもらうしかないですかね・・・

うまく他の投手で負担を分担できれば良いのですが、接戦だとどうしても頼ってしまいますよね。打線に「もっと頑張って」と言うのも贅沢な注文ですし、難しいです。こんな悩みができているだけで幸せなんですけどね。

 

打線はバルデスを相手になかなか点を奪えずに苦しみました。球審村山のゾーンが両コーナーに若干広めだったこともあって、バルデスから点を取るのは難しいかな、と嫌な予感はしていましたけどね(ちなみに岩貞はそのコーナーを使えるほど制球良くありませんでしたね)。実際、バルデスからは糸井のタイムリポテンヒットで1点を奪ったのみでした。

終盤まで同点で進む緊迫した展開でしたが、8回にバルデスが降板して流れが変わりましたかね。継投で出てきた岩瀬から中谷の犠牲フライと北條のタイムリスリーベースで2点を勝ち越し、そのまま逃げ切ることができました。

中谷は初回の守備でピンチを断ち切るファインプレーもありましたし、スタメン起用に見事に応えましたね。2度回ってきた満塁のチャンスで打てていれば文句なしでしたが、結果的に勝ったので良いでしょう。

北條も久しぶりのスタメン起用で結果が出て良かったですね。右中間を破る素晴らしい当たりでした。2死1塁からのタイムリーだったこともあって大きな追加点でしたね。打った後かなり嬉しそうだったのをみると、スタメン落ちに色々思うところがあったのでしょう。これをきっかけに状態が上がってくると良いですね。

 

次戦はジョーダンと秋山の先発となります。ジョーダンは開幕から中継ぎ待機していたこともあって、今シーズン初先発のようですね。昨年はそこまで打てていないようですが、制球に不安のある投手ですから、四球を絡めながらうまく点を奪って欲しいです。左投手ですが、中谷の連続起用はあるのでしょうか?その辺りも注目ですね。

秋山は開幕から頑張っていますし、今回も良い投球をみせて欲しいですね。ナゴヤドームですし、しっかり低めに集めることができれば試合を作ることはできると思います。

 

 

最後まで読んでくださった方ありがとうございます。

興味がありましたら、他の記事にも目を通していただけると嬉しいです。

それでは今回はこれにて失礼いたします。

follow us in feedly