読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不確かさの回廊

主にプロ野球に関して思ったことを適当に書いていくつもりな阪神ファンです

4/21 vs ジャイアンツ 3回戦 @東京ドーム 感想

これぞエース、これぞ4番の仕事でした。

どうもこんにちは、ロキです。

 

快勝で連敗ストップですね。

ここ2試合、嫌な負け方が続いていただけに、この1勝は大きいですね。

 

やっぱりメッセンジャーさんは頼りになります。

この日はストレートの走りはそれほど良いわけではありませんでしたが(もしかしたら長いイニングを見据えて抑え気味にしていたのかもしれませんが)、その代わりに制球が抜群に良かったですね。ここのところあまり制御できていなかったスプリットも良い高さから落とせていましたし、全ての球種を低めに集めることができていました。

鳥谷さんのエラーが絡んで1点は失ったものの自責点は0。8回を投げて被安打5与四死球奪三振10と文句のつけようがない投球でした。まさにエースという感じです。

 

メッセンジャーさんの力投のおかげで、リリーフ陣はクローザーのドリスのみの登板でした。そのドリスも3人でしっかり試合を締めてくれました。

投手陣2人に関しては完璧すぎてあまり書くことが無いですね。

 

というわけで野手陣にいきます。

攻撃では福留さんが素晴らしい働きをしてくれました。初回の先制スリーランで完璧に試合の主導権を握ることができましたし、終わってみればその3点で十分な試合でしたね(もちろん5回の追加点も展開的には重要でしたが)。前日はチャンスでブレーキになってしまった福留さんですが、さすがはベテラン、切り替えがしっかりできていましたね。ここのところの不調が嘘のような4安打の固め打ちで、こちらはまさに4番という働きでした。

その他にもチャンスは何度か作れていましたから、もう少し追加点を取れれば良かったとは思いますが、相変わらずあと1本が出ませんでした(マギーの好守に阻まれたこともありますが)。

打順の関係もあって、梅野に良くチャンスが回ってくるんですよね。しかしなかなか返すことができないです。捕手として守備面で十分貢献していますからあまり責めることはできませんけどね。打撃ももっとやれる選手だと思っているだけにちょっと歯がゆい気持ちです。

まあ勝ったので良しとしましょう。打線全体の調子は悪く無いのですから、そのうち噛み合ってくるはずですよ。

 

鳥谷さんのエラーに関しては、当面は我慢するしかないですかね。そんなにすぐに慣れることはできませんから(そのぶん打撃で働いてくれれば良いですし)。今回に関してはメッセンジャーさんがしっかり投球でカバーしてくれましたし、1人のミスはチーム全体でカバーしていくだけです。ミスはどうあっても出てくるものですし、ミスを全体でカバーできるようになれば、それはチームが強くなったということですからね。そういうチームを目指して欲しいです。

ただ、彼も年齢がそこそこいっていますから、時々休養を入れてあげた方が良いとは思いますね。これは糸井に関しても言えますが、長いシーズンですからコンディションを保つためには必要なことだと思います。2人とも開幕してから好調が続いていたのでタイミングが無かったですかね。金本監督がシーズン前に休養を挟みながら使うと言っていたはずですから、いずれそういう起用もあるでしょうかね。

 

次戦は田口と能見さんの予告先発です。田口は阪神が苦手としている投手ですね。どちらかといえば右打者に強い投手ですから、その右打者がどうやって田口を攻略していくかがポイントになるでしょうか。

能見さんは中5日での登板となります。前回早めに降板したのは、どうやらこの為だったようですね。藤浪の離脱を受けてのことで、初めから予定していたらしいです。好投もありながらまだ勝ち星がありませんから、今シーズン初勝利を期待したいですね。

 

 

最後まで読んでくださった方ありがとうございます。

興味がありましたら、他の記事にも目を通していただけると嬉しいです。

それでは今回はこれにて失礼いたします。

follow us in feedly