読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不確かさの回廊

主にプロ野球に関して思ったことを適当に書いていくつもりな阪神ファンです

4/27 vs ベイスターズ 4回戦 @甲子園 感想

キャンベル来日初安打&初打点です。

どうもこんにちは、ロキです。

 

藤浪の内容は微妙なところですが、その他の面では良いところが多く、チーム全体としてみれば快勝と言って良いと思います。

 

先発の藤浪は良くない日でしたね。最悪の状態ではありませんでしたが、制球がなかなか定まらずに苦しい投球となってしまいました。5回を投げて被安打5与四球5。毎回ランナーを背負う投球でしたが、何とか粘って2失点でまとめた、というよりまとまったと言うべきでしょうか。

病み上がりでの登板ですから、今回は内容については大目にみてあげるべきですかね。次回はしっかりと修正してくれることを期待しましょう。ただ、送球エラーだけは何とかしてほしいところですが・・・

 

藤浪が5回までで降板してしまいましたが、リリーフ陣がその後をしっかり抑えてくれましたね。

これまでと少し違う点として、この日はリードした展開で岩崎を使いました。おそらく今シーズン初めてだったと思います。開幕直後に失点する登板があったため、首脳陣の信頼度がなかなか上がってこなかった岩崎ですが、ようやく落ち着いてきたという判断ですかね。その期待に応えて1イニングをしっかり3人で抑えてくれました。これで起用の幅が広がるはずですし、リリーフ陣の負担をうまく分散させることができそうですね。

続く高橋、マテオ、ドリスもランナーを出しながらではありましたが、併殺を取れたこともあって危ない印象はありませんでした。

リリーフ陣は全体的なバランスが良くなってきた気がしますね。あとは藤川さんの登板が少ないかな、というくらいですかね。シーズンは長いですし、これから出番は増えてくるとは思いますけどね。

 

打線は久しぶりに繋がりをみせてくれました。5点を奪ったのは12日の横浜戦以来ですから、約2週間ぶりですね。

相手先発の井納は立ち上がりが悪く、球が高かったですね。そこをしっかり捉えて点を奪うことができました。

この試合の野手陣では、上本の活躍が光ったと思います。タイムリーを含む2安打に2得点、1盗塁。4打席中3打席で点に絡む活躍でした。さらに守備でも好プレーがありましたしね。ヒーローインタビューには先制タイムリーの糸井と来日初安打&初打点のキャンベルが呼ばれましたが、上本でも誰も文句は言わなかったでしょうね。しゃべりが苦手ですから、本人はあまりインタビューに呼ばれたいとは思っていないかもしれませんけどね。

そういえば、梅野に久しぶりのヒットが出ましたね。まあ、ラッキーな内野安打でしたし、内容は相変わらず良くはありませんけどね。現状は守備でしっかり仕事をしてくれていますから、打撃の方で結果が出なくてもあまり悩まないで強く振ることを心がけてほしいですね。いずれクリーンヒットが出れば乗っていけると思います。

同じく強く振ることを心がけてほしいのが高山なのですが、ここのところ迷うようなスイングが多い印象です。1番という打順もあって出塁しようという意識が強いためか、単に調子が悪いからなのか、原因はわかりませんが、良い時の彼のスイングではないですよね。代わりに北條の状態は上がってきている気がしますから、打順の入れ替えを考えても良いかもしれませんね。打順が後ろになれば、高山ももう少し気楽に振れるようになると思いますし。

最後にキャンベルについてです。今の彼の調子がどういう状態なのかわかりませんが、少なくともこの試合での打席を観た印象だと、低めのボール球の見極めはできていましたから、選球眼はある程度しっかりしていそうです。スプレーヒッターのようですから、マートンやシーツに似たタイプですかね。前評判通りなら、もしかしたら出塁能力は彼らより優れているかもしれません。あとは、ツボにはまった時にどれだけ長打(本塁打)を打てるのかや、インコースへの対応などを注目して観ていきたい、といった感じでしょうか。仮に彼が戦力になるとすると、サード、ファースト、外野と複数のポジションを守れるだけにどこで起用するのかが難しくなりそうですね。首脳陣の腕の見せ所になりそうです(まずは彼が期待通りの結果を残せるか、話はそれからですけどね)。

 

次戦はカードが変わって、引き続き甲子園で中日との3連戦です。

予告先発メッセンジャーと大野ですね。

開幕から安定した投球が続いているメッセンジャーさんですから、今回もいつも通りの投球を期待しましょう。内容次第では月間MVPの可能性もありそうです(2完封の菅野が有力候補にいますが、勝てば勝利数では上回りますから)。

対する大野は今シーズンのここまで状態が悪く、いまだ勝ちがありません。前回登板で対戦した時も、状態は良くなかったようにみえましたが、阪神打線の状態も悪く点はあまり取れませんでした。今回の大野がどういう状態で来るのかわかりませんが、まずは先取点を奪ってほしいですね。先に点を奪えればかなり有利に試合を展開できるはずです。

 

 

最後まで読んでくださった方ありがとうございます。

興味がありましたら、他の記事にも目を通していただけると嬉しいです。

それでは今回はこれにて失礼いたします。

follow us in feedly