読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不確かさの回廊

主にプロ野球に関して思ったことを適当に書いていくつもりな阪神ファンです

4/28 vs ドラゴンズ 4回戦 @甲子園 感想

今シーズン初めての大勝でしたね。

どうもこんにちは、ロキです。

 

4点差以上での勝利は開幕戦以来2回目です。どおりでドリスの出番が多いわけですね・・・

何にせよ、今シーズンで初めてゆったりとした気持ちで観られる試合でしたね。メッセンジャーさんの月間MVPの可能性も十分にありそうですし、良い1日となりました。

 

そのメッセンジャーさんは、調子が良いわけではなかったんですけどね。ストレート、変化球ともにそこそこくらいの出来でしたし、立ち上がりは細かい制球に苦しんでいました。そのせいで序盤から球数を使ってしまいましたね。

しかし、そこからしっかりと修正して状態を整えていったのは流石でした。中盤に打線の援護をもらってからは、完全に自分のペースで投球できていましたから。

最終的には7回無失点と十二分な仕事をしてくれました。リーグ最多となる4勝目です。

 

珍しく余裕のある展開となったことで、リリーフ陣の起用にもゆとりがありましたね。

ここ4、5日投げていなかった桑原と松田が楽な場面で投げられました。桑原はピンチもありましたが、不運な当たりのヒットもありましたし、結果は0で抑えたわけですから十分な内容でしょう。

本当は、松田は投げる予定ではなくて藤川さんが1イニングを投げるはずだったとは思いますが、負傷交代では仕方ありません。大事をとっての交代という事で深刻な怪我にはなっていないようですから一安心です。あの点差であれば無理して打球を止めにいかなくても、と思ってしまいますが、やはりとっさに出てしまうんでしょうね。投手の性というやつでしょうか。

 

打線も全体的に状態が上がってきた感じですね。特に上本が好調です。昨日に引き続き、2安打1打点2得点と活躍しました。2番の上本が出塁して(あれ?1番は?)、その後の打者がしっかりホームに返しています。打線がきちんと機能しているという証ですね。

上がってきたばかりのキャンベルがいきなり打ってくれているのも大きいですね。ここ2試合で点が取れているのは、彼の働きもあってのことでしょう。原口の状態が落ちていたところにピッタリとはまる形で出てきてくれましたから、チームのサイクルとしては良い感じです。キャンベルや上本ら、今状態が良い選手が落ちてきたときに、また高山や原口、鳥谷さんが上がってきてくれれば良いわけですしね。そう考えると、まずまず野手の選手層にも厚みが出てきたと言えるのではないでしょうか。

梅野が珍しくまたヒットを打ちましたね。それ以外の打席でも内容が良かったです。フォームを変えて、足を上げるのをやめた成果ですかね?足を上げて振らなくても、芯で捉えればそれなりに飛ばす力はありますからね。色々試行錯誤していって、しっくりくるフォームをみつけられれば良いですね。

最後にもう一つ。中谷のホームランは素晴らしかったですね。彼らしい引っ張りでした。正直なところ、1番起用は合わないと思っていますけれど、1番でも変に出塁しようとせずにしっかり振れているのは良いですね。高山にもそこは見習ってほしいです(そもそも高山も1番タイプでは無いと思っていますが)。あとは、バントはしっかり練習しましょうね。

 

次戦は青柳とバルデスの先発です。

青柳は、今シーズンいまだ勝ちがありませんが、前回はなかなか良い投球ができていました。今回もしっかりゾーンで勝負する投球をして欲しいですね。

対するバルデスは、開幕からかなり良い投球を続けていますね(相変わらず勝ちに恵まれていませんが)。18日に対戦した時も攻略することができていません。前回よりは打線の状態が良いはずですから、今度こそ打ち崩したいところですね。

 

 

最後まで読んでくださった方ありがとうございます。

興味がありましたら、他の記事にも目を通していただけると嬉しいです。

それでは今回はこれにて失礼いたします。

follow us in feedly