読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不確かさの回廊

主にプロ野球に関して思ったことを適当に書いていくつもりな阪神ファンです

5/5 vs カープ 7回戦 @甲子園 感想

今シーズンのベストゲームだったのではないでしょうか。

どうもこんにちは、ロキです。

 

ベストという言葉は、本来なら投打ともに完璧だった試合に使うべきなのかもしれませんが、ビハインドからの反発力をみせられた点や、対戦相手がチャンピオンチームである点などを考えれば、ベストゲームと言いたくなる試合でした。それだけ難しかった試合を取れた、大きな1勝だったと思いますね。

 

先発のメッセンジャーさんの調子自体は良かったように観えました。絶好調とまではいかないまでも、ストレートの走りは良かったですし、変化球の精度も悪くなかったと思います。それだけに、4点を先行される展開になるとは思いもしなかったですね。

エルドレッドへの2つの失投が全てだと思います。特に2打席目に打たれた球は、彼に対して最も投げてはいけない甘めのアウトハイでした。とは言っても、それを簡単にスタンドまで運ぶエルドレッドが凄いんですけどね。甲子園の右中間の1番深いところに流して持っていかれるなんてなかなか無いですよ。

西川のタイムリーもあり計4点を奪われてしまったメッセンジャーさんですが、それでも6回まで粘り強く投げてくれました。後半に逆転したことを考えても、点を取られながらもしっかりイニングを稼いでくれたことが活きましたね。細かくリリーフ陣を継投する余裕ができましたから。

 

リリーフ陣も広島打線を相手に粘り強く投げてくれました。最後までピンチはありましたが、合わせて3イニングを1失点で凌いだのですから十分な仕事だと言えるでしょう。

3イニングを岩崎、高橋、桑原、ドリスの4人の継投で凌ぎました。特に桑原の頑張りが大きかったでしょうか。高橋の出したランナーを背負ってマウンドに上がり、糸原のエラーがありながらも1失点で留めてくれました。あそこで崩れてしまうと、また相手に勢いを取り戻されてしまいかねないところでしたから、よく踏ん張ってくれました。

 

この試合は、何と言っても打線の頑張りによる勝利だと言えますね(今の阪神では珍しいです)。4点のビハインドを良く跳ね返してくれました。ここのところ打線の調子は良かったですから、先に1点返せば望みはあると思って観てはいましたが、まさかここまで上手く行くとは・・・

広島サイドから観れば、自チームの投手のミスから崩れたと言えます。4回と6回の得点は、いずれも2死から四球を出しての失点ですから。さらに言えば、6回の糸井のタイムリーや、7回の原口のタイムリーなどラッキーなポテンヒットもありました。阪神サイドからすれば、相手のミスや幸運があり、そこに上手くつけ込むことができた逆転劇だったと言えますね。

しかし、幸運な面があったにしても、それだけでは流石に8得点はできませんよ。打者それぞれが粘り強く打線を繋げていった結果の8得点です。

最大のヒーローは、もちろん逆転タイムリーの梅野ですが、彼は昨日も素晴らしい活躍で称賛を浴びていますから、今回は多少強引ではありますが今シーズンあまり活躍できていない選手を褒めたいと思います(ただの1ファンから褒められてどうなるというものでも無いですけど)。

その選手は、6回の攻撃で2死からの2得点につながる四球を選んだ江越です。0−2カウントからもぎ取った四球で、結果的にとても大きな意味のある出塁になりました。終わってから振り返れば、あの1打席が試合の転換点だったように思いますね。正直に言ってしまえば、0−2カウントの時点で三振すると思っていました。阪神ファンの98%くらいは同じ気持ちだったかと思いますが(失礼な)。今後も出場機会が限られる日々が続くかとは思いますが、少ないチャンスで結果を出せるように準備をしておいて貰いたいですね。中谷の状態が落ちてきた時がチャンスでしょうか。待っているだけでもいけませんが、かと言って焦りも禁物です。虎視眈々とチャンスを窺っていて欲しいと思います。

最後に、上本の怪我に触れないわけにはいきませんね。試合後の監督インタビューによると、足を捻ったようだと言っていましたね。次の日の状態をみてから登録抹消するかを判断するようですから、それほど重症では無いと思いたいですね。ここまで阪神打線を引っ張ってきた存在ですから、長期離脱となると影響が大きいです。

彼が離脱する場合の代役は、大和と糸原の2人になりますかね。とりあえず大和がいれば守備面での破綻はないので安心ですが、攻撃面の穴を2人だけで埋めるのは難しいかもですね。打線全体でカバーしていくしか無いでしょう。

兎にも角にも、重症でないことを祈りましょう。

 

次戦はドラフト6位ルーキー福永と岡田の先発です。

横山の故障によって、青柳の代役の代役としてチャンスが巡ってきた福永です。四国アイランドリーグ徳島から加入した大阪出身の23歳で、藤浪や北條らと同世代の選手です。話を聴くところによると、なかなかの苦労人のようですね。

2軍ではまずまず良い投球をみせているようですが、いきなり広島打線相手に結果を残せというのは酷なものがありますかね。この試合に関しては暖かい気持ちで彼のデビューを見守りたいと思います。結果は気にせずに自分のベストをチャンピオンチームにぶつけて欲しいですね。

対する好投手岡田に対しては、今回のメッセンジャーさんのような、まさかと思わせるような序盤の展開にしたいですね。打線の調子は良いですから、不可能では無いはずです。もちろん、終盤の展開は別のシナリオをお願いしたいと思いますが。

 

 

最後まで読んでくださった方ありがとうございます。

興味がありましたら、他の記事にも目を通していただけると嬉しいです。

それでは今回はこれにて失礼いたします。

follow us in feedly