読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不確かさの回廊

主にプロ野球に関して思ったことを適当に書いていくつもりな阪神ファンです

5/9 vs ジャイアンツ 6回戦 @東京ドーム 感想

好投手菅野を撃破しての6連勝です。

どうもこんにちは、ロキです。

 

好調なチームの勢いは移動日を挟んでも維持できていましたね。菅野から4点を奪っての勝利は大きな意味ある1勝だと言えます。しかし、まさか6連勝できるとは・・・

 

この試合の勝因のひとつは、間違いなく先発秋山の頑張りでしょう。

この日の秋山は、決して好調だと言える内容ではありませんでした。普通くらいですかね。ストレートの走りも変化球のキレもまずまずくらいでしたし、何より制球がばらついていたように感じました。高く浮いた球も多かったですね。逆に言えば、普通の内容でも試合を作れるようになったというところが、今年の秋山の成長ぶりを感じさせますね。解説の野村謙二郎さんもおっしゃっていましたが、相手先発が菅野であっても落ち着いて自分の投球に集中しているように感じました(本人は試合後のインタビューで緊張していたと話していましたが)。

失点は2つともソロホームランでした。どちらも失投というほど甘い球ではありませんでしたから、ある程度は仕方の無い失点だったと思います。

2勝目をあげることもできましたし、ここまで安定して結果を残せています。このままローテに定着して欲しいですね。今のペースであれば規定クリアも夢ではありませんが、それはまだ気が早いですかね。

バッティングも相変わらず流石でした。

 

リリーフ陣もマテオ、ドリスの勝ち継投がしっかり仕事をしてくれました。東京ドームだったこともあり、最後のドリスは若干ヒヤヒヤしましたが、問題ありませんでしたね。結果が勝ちなら良いのです。

 

打線は移動日を挟んでも好調を維持できていました。相手先発が菅野ということで厳しい試合になるかと思いましたが、この日の菅野は立ち上がりに制球ミスがありましたね。その立ち上がりの隙を逃さずにしっかり点を奪うことができました。中盤以降は流石の投球をされてしまいましたが、菅野相手に4得点は上々の結果です。投手陣の頑張りと上手く噛み合ったこともあって、勝利するには十分な得点でした。

特に初回の2点目、2死からの鳥谷さんのタイムリーが大きかったですよね。先制点が1点でなく2点だったということが、秋山を楽にしてくれたと思います。タイムリー自体はコースヒットではありましたが、素晴らしい仕事でした。

 

この試合もエラーはありませんでした。2試合続けてノーエラーだなんてプロ野球チームらしいですね(基準が低すぎます)。細かいミスを挙げれば、糸原のタッチプレーが甘かった場面があったんですけどね。まあ、それは良しとしましょう。

 

次戦は大竹と岩貞の予告先発となっています。

大竹は安定した投球をみせてはいますが、抜群の投球ができるというほどではありません。今の好調な打線であれば、十分に立ち向かっていけると思います。

岩貞はまだ良い時の投球をみせることはできていませんが、最近はまずまずの内容くらいまでは戻ってきています。巨人との相性は良い方ですから、そろそろ良い時の岩貞を期待したいですね。

 

 

最後まで読んでくださった方ありがとうございます。

興味がありましたら、他の記事にも目を通していただけると嬉しいです。

それでは今回はこれにて失礼いたします。

follow us in feedly