読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不確かさの回廊

主にプロ野球に関して思ったことを適当に書いていくつもりな阪神ファンです

5/16 vs ドラゴンズ 7回戦 @甲子園 感想

秋山、130球完投勝利です。

どうもこんにちは、ロキです。

 

まさかチーム内の初完投投手が秋山になるとは、シーズン前には想像できませんでしたね。投打で圧倒しての完勝でした。

 

先発の秋山がこの日も素晴らしい投球をみせてくれました。ストレート、変化球、制球全てが良かったです。球審石山のゾーンが両サイドに広めだったことも味方しましたが、文句のつけようが無い投球内容でしたね。9回130球で6被安打12奪三振1与四死球(1死球)1失点という内容でした。唯一の失点も味方のミス絡み(記録上はヒットでしたが)ですしね。

この日は特にストレートに手応えがあったのでしょう。奪った12個の三振の内、11個はストレートで奪ったものでした。

今シーズンの秋山には期待はしていましたが、まさかここまで良い投球をするとは思っていませんでした(彼には申し訳ないですが)。本当に嬉しい限りですね。

 

秋山の完投のおかげでリリーフ陣はお休みです。週の初めに休みがあると、ブルペン運用が楽になりますね。

 

打線の方は活発だったという程ではありませんでしたが、いつも通り四球を絡めてチャンスを作ることができていました。さらに、中谷、糸井の2本塁打もあって6安打で8得点と効率良く得点することができました。

2本のホームランはもちろん素晴らしかったのですが、試合を決めたのは5回に糸原が打った走者一掃の3点タイムリーツーベースだったと思います。2死から3つの四球で満塁とした場面での1撃でしたから、相手に与えるダメージはとても大きかったはずです。糸原は、直前の守りで自らのミス(記録上はヒットでしたが、彼のミスでしょう)がきっかけで失点していたこともあり、より気合が入っていたでしょうか。左腕から角度のあるボールを投げ込んでくるアラウホが相手でしたから、少々難しいかなと思って観ていましたが、喰らい付きながら見事に打ち返してくれましたね。

 

この試合では、大和がスタメンショートでした。ショートでの出場は途中出場も含めて今シーズン初めてです。エラーがあったり送球が怪しかったりと、大和らしからぬプレーも観られましたが、流石の彼でも久しぶりのショートは違和感があったのでしょうね。それでも、9回の守りでは見事な中継プレーで平田を刺す場面もありましたし、慣れれば問題無いでしょう。オプションのひとつとしてはとても有用ですから、試すことができて良かったです。今後もこのケースはあるかもしれません(北條の調子次第なのでしょうが)。

 

次戦は、能見さんとバルデスの両左腕の投げ合いとなります。

能見さんは安定した投球が続いていますから、今回もいつも通りの投球をお願いしたいですね。

そして、やはりバルデスがきましたね。好投手ですから打ち崩すことは難しいかもしれませんが、何とか点を奪って欲しいですね。ロースコアの接戦を勝ち切るような試合が必要になりそうです。幸いリリーフ陣は万全な状態ですから、チーム全体で勝利を手にして欲しいですね。

 

 

最後まで読んでくださった方ありがとうございます。

興味がありましたら、他の記事にも目を通していただけると嬉しいです。

それでは今回はこれにて失礼いたします。

follow us in feedly